INFORMATION

MEDIA

TV情報

科学史の闇に迫る、あの知的エンターテインメントが3週連続の特集シリーズで帰ってくる!

科学を志す若者は、理想の人間を造ろうとして恐るべき怪物を生み出してしまった。
人類が創り出した最も有名な怪物の物語、「フランケンシュタイン」が世に出て、ちょうど200年。科学史の闇に迫る、あの知的エンターテインメントが3週連続の特集シリーズで帰ってくる!
今回のテーマは、「理想の人間」「超人類」を創造しようとした科学者たち。加速する一方の科学技術と社会、そして倫理について考える。

★NHK BSプレミアム
フランケンシュタインの誘惑  科学史 闇の事件簿


2018年10月13日(土)22:30〜 第一夜「超人類 ヒトか?機械か?」
小説「フランケンシュタイン」が出版されて200年。科学史の闇に迫る、あの知的エンターテインメントが3週連続の特集シリーズで帰ってくる! 第一夜は、機械と人間の融合を目指してロボットに新たな命を吹き込んだサイボーグ研究の先駆者の物語!巨額の開発費は、すべて軍の資金だった!最先端のサイボーグ開発現場、そして衝撃の計画も登場! 人間の能力を超えた超人類が生まれる時、はたしてそれはヒトなのか?機械なのか?

2018年10月20日(土)22:30〜 第二夜「天才誕生 精子バンクの衝撃」
科学史の闇に迫る知的エンターテインメント、3週連続特集シリーズの第二夜! 今回は、優秀な人間だけが暮らす理想の世界を目指した「天才精子バンク」! 遺伝子が物質であると突き止め、操作できることを示してノーベル賞を受賞した天才遺伝学者は、なぜ天才精子バンク設立に至ったのか?生殖産業の扉を開いた驚がくの物語!最新の天才遺伝子研究、さらに人工生命も登場!人類が手にした「神の力=命のデザイン」。是か?非か?

2018年10月27日(土)22:30〜 第三夜「クローン人間の恐怖」
科学史の闇に迫る知的エンターテインメント、3週連続特集シリーズの最終回!今回は「生命」をコピーし大量に作ることを可能にしたクローン研究に焦点を当てる!不可能とされたほ乳類のクローンにとりつかれた科学者たち。「黄金の手を持つ」スター科学者が作り出した世界初のクローンマウスはねつ造?真実?クローン羊ドリー誕生の衝撃!最新のクローンビジネスも登場!クローン技術が生み出す「バラ色と恐怖の未来」に迫る!

ナビゲーター:吉川晃司


BSプレミアムの特集と連動して、Eテレでも「フランケンシュタインの誘惑E+」を放送。過去の放送をよりコンパクトに凝縮した45分の特別バージョンです。
★NHK Eテレ
フランケンシュタインの誘惑E+

2018年10月12日(金)22:00〜「人体蘇生」
2018年10月19日(金)22:00〜 「放射能 マリーの愛した光線」
ナレーター:吉川晃司

http://www4.nhk.or.jp/P3442/



※テレビ・ラジオの放送日時や雑誌の発売日は、予告無く変更になる場合があります。
また放送しない地域や、一部地域では放送時間が異なることがございますので、予めご了承ください。

雑誌情報

「GQ JAPAN」
2018年8月24日発売
https://gqjapan.jp/magazine/latest/



※テレビ・ラジオの放送日時や雑誌の発売日は、予告無く変更になる場合があります。
また放送しない地域や、一部地域では放送時間が異なることがございますので、予めご了承ください。

TV情報 TBS系 日曜劇場「下町ロケット」新シリーズに出演決定!

TBS系 日曜劇場「下町ロケット」新シリーズに出演決定!
2018年10月14日(日)よる9時~放送開始
番組HP:http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/


※放送日時および出演者は都合により予告なく変更される場合があり、放送しない地域や一部地域では放送時間が異なることがございます。また、毎話出演シーンがあるとは限りません。予めご了承ください。

雑誌情報

文藝春秋『文藝春秋』9月号
2018年8月10日発売
作家・浅田次郎氏との対談 江戸無血開城「反戦」の武士道


※テレビ・ラジオの放送日時や雑誌の発売日は、予告無く変更になる場合があります。
また放送しない地域や、一部地域では放送時間が異なることがございますので、予めご了承ください。

TV情報 ナレーション出演

★日本テレビほかNNN系列 全国放送
NNNドキュメント’18
「ただいま」と言えない・・・
~原爆供養塔に眠る814人~

2018年8月5日(日)24:55〜25:25

広島の平和公園にある原爆供養塔。
そこに名前が判明しているにも関わらず遺族の元に戻っていない814人の遺骨が今も眠る。
一体なぜ?我々が遺族探しを始めると存在しない住所も。
そんな原爆供養塔から去年暮れ7年ぶりに遺骨が遺族の元に戻ってきた。
名前が漢字一字違うことから特定に至らなかったが、
映画「この世界の片隅に」がきっかけで行政も動いた。
そして今年73年の時を経てある遺族が一歩を踏み出した。その思いとは...

ナレーター:吉川晃司
制作:広島テレビ 

http://www.ntv.co.jp/document/


※テレビ・ラジオの放送日時や雑誌の発売日は、予告無く変更になる場合があります。
また放送しない地域や、一部地域では放送時間が異なることがございますので、予めご了承ください。

ページの先頭へ